2018年06月11日

色彩の練習

こんばんは!ヌシです。

今日は中学生の生徒がコツコツと練習をしている水彩の手順を

写真でチラリとお見せいたします。


まずは、モチーフです。

今回は瓶イロイロ。

色のついた瓶を水彩で描くのは、チョット難しいですよ。

でも怖がらず、難しい物にはどんどん挑戦してください。

どんどん挑戦して、何度でも描いてみる。

すると、どんどん上手くなっちゃいます。

★IMG_1073.JPG

こんな感じで組んでみました。


水張りをしてから、描き始めます。

まず、形をとります。

★IMG_1085.JPG

カラーだと見にくかったので、モノクロに変換してます。


透明水彩で、影を取ってから、薄く色をつけます。(1回目)

★IMG_1111.JPG


さらに色を重ねていきます。(2回目)

★IMG_1222.JPG


ここで、水彩色鉛筆とパステルの登場です。
さらに上から塗り足していきます。(3回目)

★IMG_1233.JPG


仕上げです。(4回目)
水彩色鉛筆とパステルを使って、コントラストを強めていきます。
ハイライトもしっかり入れてくださいね。

★IMG_E1249.JPG

これで完成です。

週2日の授業なので、約1か月かけてじっくり丁寧に描き上げてもらいました。


難しそうでしたが、瓶の特徴をとらえようと頑張っています。

足元の空間や瓶の重なり、凹凸など雰囲気をつかんで、よく描けていますね。

次も楽しみにしています。






posted by ヌシ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする